ドメーヌ・デ・ランブレイ クロ・デ・ランブレイ [2014]750ml 【正規品】:ウメムラ Wine Cellar - d8446

2019-08-09
カテゴリトップ > フランス > ブルゴーニュ(本拠地別) > コート・ド・ニュイ > モレ・サン・ドニ(Morey St Denis) > ドメーヌ・デ・ランブレ
ドメーヌ・デ・ランブレイ クロ・デ・ランブレイ [2014]750ml 【正規品】

【正規代理店商品】コンディションは抜群に良いです。
LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)グループに買収されたブルゴーニュのドメーヌ・デ・ランブレイ。

フラッグシップ「クロ・デ・ランブレイ」は80年代に大規模な改植が行われました。まだ若木の区画から採れるブドウは全て格下げし、ワインは上質のブドウのみで造られます。クロ・サンドニとクロ・ド・タールの間に位置するこの偉大な畑は、ようやく本来の輝きを取り戻しました。輝きのあるルビー色とほどよく 深いアロマが特徴です。ビロードのようなタンニンが心地よい、 長い余韻が美しいワインです。

ドメーヌ・デ・ランブレイの畑には樹齢35年〜90年のブドウが植えられており、その平均樹齢は40年程度。ブドウの栽培においては馬による耕作を実践していますが、これは土を柔らかくし呼吸ができる状態にするため。柔らかな土壌に植えられたブドウは地中深くまで根を張ることができ、十分な養分をより吸収することができます。

また、
1、レ・ラレ区画:(東側傾斜面、表土の下が重い粘土質)
2、レ・ブショ区画:(北部に位置する軽い粘土質土壌)
3、メ・ランティエ区画:(重い粘土質、暗赤色土壌)
という3つの区画に分かれ、さらにクロ・ド・タールに近い区画、北の渓谷に面している区画など、実に様々な地形の上にこの畑は存在しています。これらの多様なテロワールをひとつのドメーヌが所有しているからこそ、クロ・デ・ランブレイにしか出せない複雑味が生まれるのです。

ブルーアン氏曰く「2014年はほぼ問題のないヴィンテージ。ブドウは熟しすぎないよう選果をしっかりと行うことで、理想とするフレッシュで酸の高いブドウを収穫するができた」とのこと。
口当たりシルキーながら、しっかりとした骨格があり、テロワールや造り手の愛情が伝わってくるようなエネルギー溢れる、この上なくエレガントな仕上がり。どこまでもエレガンスが続く長い余韻があり、偉大なワインであることを実感させられます。

ワインアドヴォケイト:93〜95

Wine Advocate Issue Date 31st Dec 2015 Neal Martin 93〜95 2017 - 2040
The 2014 Clos des Lambrays Grand Cru is matured in 50% new oak and is 100% whole bunch fruit. It is blessed with a winsome bouquet. As usual, there is something very natural, unimposing and refined on the nose: blackberry and briary, a hint of graphite, a subtle leafiness maybe, and yet delineated and very pure. The palate is lively and energetic with crisp tannin, black rather than red fruit, linear and very classic in style with what you might call a "cool" marine-influenced finish that has fine salinity. What a great Clos des Lambrays that will put a smile on the face of those that adore refined Burgundy.

バーガウンド・ドット・コム:94

Tasted: Jan 15, 2017 Drink: 2026+ Issue: 65
Tasting note: A notably spicy, fresh, cool and floral nose displays mostly red berry fruit scents that are trimmed in discreet earth notes. There is excellent cut and definition to the nicely rich and attractively textured flavors that culminate in a presently austere finale though I doubt that austerity will persist. This is a relatively fine and forward vintage for Clos des Lambrays and one that should be approachable after only 7 to 8 years of bottle age. In a word, marvelous.


Domaine des Lambrays / ドメーヌ・デ・ランブレ

ドメーヌ・デ・ランブレイ グランクリュの最高峰へ

1935年のAOC制定がされて以来、ブルゴーニュで特級に昇格された畑は稀少です。クロ・デ・ランブレイはまさにそのひとつなのです。

モレ・サン・ドニの畑はコート・ド・ニュイのちょうど真ん中で、ジュヴレ・シャンベルタンとシャンボール・ミュジニーの中間にあります。クロ・デ・ランブレは標高250m、 コート・ド・ニュイの特級は、ほとんどがこの標高に位置しています。

8,7 haにわたるクロ・デ・ランブレイは更に3つのクリマ=区画に分かれています。
■Meix Renrier メ・ランティエ(1,6ha)■
土は重たくもっとも粘土質に富んでいる土壌
■Les Larrets レ・ラレ(4,5ha)■
東を向いた傾斜面、朝日を十分に浴びる土壌
■Les Bouchots レ・ブショ(2,5ha) ■
クロ・デ・ランブレイの畑のなかでもっとも 北部に位置する畑。コンブ・ド・モレ(Combe de Morey V字に切れる小さな渓谷) からの常にフレッシュな空気の通り道があり、同時に強い北風からは守られる位置にあります。

クロ・デ・ランブレイの畑の歴史は古く、1365年シトー派修道院所有畑の中に Clos des Lambraysの名前を確認することが出来ます。1630年から当時のオーナーのルイ・ジョリー氏により、蔵および建築設備に投資し、所有者が余りに多数に渡るランブレイの畑を買収し始め、1866年新しいオーナーのアルベルト・セバスチャン・ロディエ氏の時期に買収は、ほぼ完了しました。

彼の孫に当たるカミーユとアルベルトは ≪ コンフレール・デ・シュヴァ リエ・ド・タストヴァン:Conferie des Chevaliers du Tastevin ≫の創設者であり、かれらがクロ・デ・ランブレイの名声をより確かなものとしました。第2次世界大戦 頃のことです。

1980年ブドウ栽培のプロであり、なによりレベルの高いオノログ(=醸造家)であるティエリー・ブルーアン氏がクロ・デ・ランブレイの総責任者として就任しました。ブルーアン氏はブルゴーニュ大学で醸造学と自然科学修士号取得し、アルジェリアの農業科学技術学校にて醸造の講師を務めた後、ブルゴーニュと ジュラのINAOの技術部門コンセイユとして勤務し1980年にクロ・デ・ランブレイの醸造長として抜擢されました。1981年4月27日にクロ・デ・ランブレイは特級に昇格されました。1996年からドイツのフレウント・ファミリーが当蔵のオーナーになりました。

■ Domaine des Lambraysの畑・醸造

クロ・デ・ランブレイの畑の平均樹齢は約50年、平均収量は31hl/ha。収穫は手摘みによって行われ、選果台にて作業後、除梗は、ほぼ無しで、5つから8つ のキュヴェで畑ごとに更に細分化して醸造されます。キュヴェゾンは15〜18日間、 第一次発酵の後、約18ヶ月間オーク樽にて熟成、新樽使用率は50%でコラー ジュなしでの澱引きを2回行います。

ワイン・アドヴォケート 93〜95
価格
31,500円 (税込 34,020 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
16時まで即日出荷OK(日曜/店休業日を除く)
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く


無料体験お申し込み

青山トライアスロン倶楽部メールマガジン登録

青山トライアスロン倶楽部スケジュール

青山トライアスロン倶楽部キッズ公式ブログ

大阪トライアスロン倶楽部

EARTHトライアスロンショップ